腰の痛みから病院を受診して、「腰椎すべり症」だと診断された方も少なくありません。けれど、結局は、「要因として加齢だから、我慢するしかないものです」と言われていててしまう様なこともあるのです。それでは、実際の所、腰椎すべり症の治療方法にはどのようなものがあるのでしょう。腰椎すべり症の場合、骨折などとは異なり、積極的な治療を行う事はまずありません。初期の段階であれば、やっぱり症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の緩和を目的としている保存療法(保存的療法ともいい、出血を伴うような治療法を選択しないことをいいます)を行うのです。具体的には、湿布(液状の薬剤が塗布された貼り薬を指すことが多いですが、本来なら湿った布なら何でも湿布と呼びます)を貼って血行を促進したり固まった筋肉をほぐしたり、コルセットを着用して疲れた筋肉を休めたり、腰に負担を掛けないようにしたりします。また、リハビリを行って腰回りの筋肉を鍛えて、姿勢を楽に保てるようにすることにより改善の方向へ進んで行きます。ただ、それでも痛みが続くようであれば、薬を用いての治療や神経ブロック療法へとすすんで行きます。消炎鎮痛剤(その名の通り、痛みを鎮め、軽減するための薬です)を使ったり、ブロック注射(打つ場所によってはとても痛いこともあるのだとか)を行って痛みを麻痺させたりしますからす。以上のようにして痛みを取り除き、保存療法(様々な種類があり、その病院によっても選択できる療法が畭なるでしょう)とあわせて暫くの間様子をみていきます。最終的には、外科的療法の手術も考えられるのです。手術の場合、神経が圧迫されている箇所を除去する方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)に加え、腰椎を固定するという方法を追加する事もあるみたいです。けれど、すべり症で手術を行うようなケースは殆ど無いと言っても良いですよ。ただ、もし、手術を選択した場合でも、さいきんでは手術療法の技術も格段に進んでいて、回復までの時間は以前に比べるとかなり短くなっていますから安心して下さいー